エクステンドBCAA(パイナップル)の効果成分・飲んだ感想をレビュー!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







このページでは、定番のBCAAサプリ『エクステンドBCAAs』のパイナップル味をレビューしていく。

もしまだエクステンド(XTEND)を飲んだことがない方なら、最初はマンゴー味から試していただくことをおすすめする。マンゴー味がもっとも売れていて人気だし、私も個人的に好きな味だ。

 

パイナップル味の栄養素

パイナップル味の概要からご説明しよう。

どんな栄養素が入っているのか?

サプリメントだから、どんな栄養素が入っているのか気になるよね。

ということで、パイナップル味の栄養成分表示(Suplement Facts)を見ていこう。

エクステンドパイナップル味の栄養成分表示

 

筋トレ先進国アメリカのサプリメントなので、もちろん表記はすべて英語だ。このままではパっと頭に入ってきないので、日本語に翻訳していこう。

エクステンドパイナップル味の栄養成分表示(日本語)

これで読めるようになりましたので、1つずつ解説していこうと思う。

 

なぜビタミンB6が入っているのか?

BCAAのサプリメントながら、ビタミンB6だけ入っていて不自然な感じがするね。

でも、実はビタミンB6は筋肉トレーニングに密接な関係があるんだ。というのも、タンパク質の代謝を促進する働きがあるのだ。

タンパク質はアミノ酸の集合体で、サイズが大きくそのままでは吸収できない。そのため、消化器官で分解される吸収されるのだが、ビタミンB6には、

  1. タンパク質をアミノ酸に分解する
  2. アミノ酸を吸収しやすいように変える

という2種類の作用があり、結果的にタンパク質の吸収を助けているのだ。

 

ナトリウムとカリウム

ナトリウムとカリウムはどちらも必須ミネラルだが、浸透圧を調整するために必要だ。

ナトリウムの摂取しすぎは高血圧の原因になるが、これはナトリウムとカリウムのバランスが崩れることで、血液がナトリウム濃度を下げようと量が増えるせいと思う。

したがって、どちらもバランスよくとってあげることが大切なんだ。

 

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)

BCAAの記事でもお話している通り、この3つの必須アミノ酸は筋トレ効果を高める働きをもっている。

トレーニング前や途中で摂取することで、筋肉のパワーを高めて筋トレの質を高めることができる。

また、トレーニングによる筋肥大や筋力向上の振れ幅を増やし、かつ回復スピードもあげてくれる。

結論からいえば、筋トレするのであればBCAAは必ずと言っていいほど摂取してほしいな。

 

グルタミン

アミノ酸にはグルタミンとグルタミン酸があり、名前はほとんど同じだが違う栄養素だ。

エクステンドの場合はグルタミンが入っている。

グルタミンとグルタミン酸はどちらも非必須アミノ酸

グルタミンは、筋肉が小さくなるカタボリック(異化作用)を抑制してくれたり、免疫機能を高めて風邪を引くにくくする働きがある。

トレーニングするとアミノ酸が足りなくなって風邪をひくことが増えるのだが、エクステンドをたっぷり摂取しておくことで免疫力を維持できるのだ。

 

シトルリンマレート

シトルリンもアミノ酸の1種だ。

一酸化窒素の生成を助けることで血管を拡張する働きがあり、血流増加によるパフォーマンス向上が期待される。

血管を太くするので、精力剤にも含まれていることがある。

 

パイナップル味を飲んでみる

エクステンドの効果がはっきりと分かったところで、実際に飲んでみて味を確かめてみよう

エクステンドパイナップル味

パッケージからはがっつりとしたパイナップル感がする。

 

ふたを開けてみると、意外にもパウダーは真っ白だ。

エクステンドパイナップル味

 

ザバスのプロテインシェイカーに水をたっぷり入れます。

通常は水200~300mlだが、私はうすい味が好きなので水を多めにしている。

エクステンドパイナップル味

 

付属スプーンですりきりまで取り、水の中にぶちこんでいく。

エクステンドパイナップル味 エクステンドパイナップル味

 

エクステンドはとっても溶けやすいので、何もしなくても勝手に溶けていく。

エクステンドパイナップル味

 

とはいえ、さすがに完全に溶けきってはくれないので、サラっとシェイクして溶かしきる。

エクステンドパイナップル味

 

飲んでみると、「パイナップルって意外とおいしいんだな…」って思えるくらい美味しかったぞ。

少し濃いめの味付けなので、200~300mlだと甘ったるいと感じる方も多いかもしれない。そういう場合は、水の量を増やせば美味しく飲めるようになる。

リピートしたいというほどではないだが、経験として1ボトルくらい飲んでみるのはいいとも思う。







この記事がお役に立ったらシェアしてください