プロテイン

【論文レビュー】朝食前としてのホエイプロテイン摂取の2型糖尿病への作用

朝食代わりにホエイプロテインを飲むとダイエット効果があるよ

筋肥大を最大化するためにはタンパク質の摂取がある程度は必要とされる中、時間のない朝にホエイプロテインを朝食とする方もいらっしゃると思います。

本稿では、ホエイプロテインを朝食代わりに飲むことによって、2型糖尿病を抑制する可能性が示唆された英語論文をレビューしていきます。

Large Whey Protein Breakfast May Help Manage Type 2 Diabetes

朝食にホエイプロテイン

イスラエルのテルアビブ大学

2016年4月2日、ボストンで行われたENDO 2016にて、今回の研究結果が発表されました。

この研究を発表したのは、イスラエルのテルアビブ大学に所属しているDaniela Jakubowicz(ダニエラ・ジャクボウィッズ)教授です。

Daniela Jakubowicz
Endocrine Societyとは、内分泌学分野の専門家で構成されている世界最大の会員制組織です。

ENDO 20◯◯とは、Endocrine Societyの主催で毎年実施されている内分泌学分野の研究成果を発表するイベントのことです。

実験内容

今回の研究で行われた実験内容は以下です。

One group ate breakfast containing mostly whey protein such as whey protein shakes, the second group ate breakfast containing other proteins including eggs, soy and tuna, and the third ate breakfast high in carbohydrates or starch.

Source:Large Whey Protein Breakfast May Help Manage Type 2 Diabetes

「あるグループには、ホエイプロテインシェイクのようなほとんどがホエイタンパク質で構成されている朝食をとってもらう。

2番目のグループには卵・大豆・ツナといったホエイ以外のタンパク質を含んでいる朝食をとってもらう。

最後のグループには糖質やデンプン質が高い割合で構成されている朝食をとってもらう。」

まとめると、

  1. ホエイタンパク質中心の朝食
  2. ホエイ以外のタンパク質の朝食
  3. 糖質やデンプン質中心の朝食

というように、3通りの朝食をとるグループにわけて、12週間後に体重を計測して比較するというものです。

朝食でホエイプロテインを飲んだグループが一番痩せた

結果は以下の通り。

大半をホエイタンパク質で構成している朝食(ホエイプロテインシェイクなど)をとっていたグループは、12週間がすぎた段階でもっとも体重が減っていたとのこと。

After 12 weeks, the group on whey protein lost the most weight: 7.6 kg (16.7 pounds), compared to 6.1 kg (13.4 pounds) for those on the other proteins, and 3.1 kg (6.8 pounds) for those in the carbohydrate group.

Source:Large Whey Protein Breakfast May Help Manage Type 2 Diabetes

「12週間後、ホエイプロテインを摂取していたグループは最大7.6kgも体重が減っており、他のプロテインを摂取していたグループは6.1kg、糖質やでんぷん質を摂取していたグループは3.1kgと比べて最大の減量幅だった。」

Whey protein diet participants were more satiated and less hungry throughout the day, with lower glucose spikes after meals compared to the other two diets, and their HbA1C also decreased more than with the other two diets.

Source:Large Whey Protein Breakfast May Help Manage Type 2 Diabetes

「他の2グループと比較して、朝食としてホエイプロテインを摂取していた被験者は食後の血糖値上昇が抑えられ、より大きな満足感を感じるとで空腹感が減少していた。

また、HbA1Cの値も他の2グループと比較して低下していた。」

HbA1Cとはヘモグロビン・エイワンシーと読みます。

僕たちの人体にある赤血球の中にはヘモグロビンという物質があるのですが、HbA1Cは、「糖と結合してしまっているヘモグロビンの割合を表す値」のことです。

ホエイプロテインは空腹感を抑える

本研究の包括として、ジャクボウィッズ教授は以下のようにまとめています。

The whey protein diet significantly suppresses the hunger hormone ‘ghrelin.’ A whey protein drink is easily prepared and provides the advantages of a high-protein breakfast on weight loss, reduction of hunger, glucose spikes and HbA1c,

Source:Large Whey Protein Breakfast May Help Manage Type 2 Diabetes

「ホエイプロテインを中心とした食事は、空腹感をもたらすグレリンを抑制する。

ホエイプロテインをシェイクしたドリンクは簡単に用意できるし、体重減少や空腹感・血糖値・HbA1cを低下する作用がある。」

グレリンとは胃袋から分泌されるホルモンの1種で、成長ホルモンの分泌を促してくれるのですが、食欲を増進させてしまう働きもあるのです。

まだ検証の必要はある

 

「プロテインが朝食」って聞くと驚かれる方がいらっしゃるかもしれませんが、このとおり実験でダイエットにつながる作用が示唆されました。

本結果のみによってダイエット効果を確定するには不十分です。

たまたまの可能性もありますので、さらに研究対象を増やしたり、多様な被験者に対して実施する必要があるでしょう。

しかしながら、すでにホエイプロテインをご自宅にお持ちであり、朝食をとる時間がないという方の場合は、お試しいただく価値はあると思います。