はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

スティッキングポイントとは? ~Sticking point~

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







スティッキングポイントとは、「ウエイトトレーニングにおいて、動作の途中で動かなくなる点」のことをいいる。

例えば、ダンベルカールをしているときに、ダンベルを持ち上げている途中で持ち上げられなくなる瞬間があます。そのポイントがスティッキングポイントだ。

ダンベル、ケーブル、チューブなど様々なトレーニング方法があるが、そのどれでも筋肉にかかる負荷は一定ではない。

強いて言えば、ケーブルなら一定の負荷が継続するが、それでもケーブル関節の摩擦が一定ではないので、多少はブレがあるのだ。

つまり、筋トレをしている時の筋肉には、強い負荷と弱い負荷が波のように連続してかかっているので、「ココまでは持ち上げられたけど、ここからは無理だ…」というポイントが生まれるのだ。







この記事がお役に立ったらシェアしてください