はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

スピードゴルフとは? ~Speed golf~|達成感が倍増し!?速さと正確性が求められる次世代ゴルフ

スピードゴルフとは? ~Speed golf~|達成感が倍増し!?速さと正確性が求められる次世代ゴルフ!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







スピードゴルフはゴルフから派生したスポーツの1種で、アメリカで誕生した競技だ。

ゴルフでは全18ホールを回ったスコアの低さを競いるが、スピードゴルフではホールアウトするまでにかかった時間とスコアを合計して、よりスコアが低い選手が上位とされる。

よしお
日本テレビの『ナカイの窓』にて、俳優の鶴見辰吾さんがハマっている趣味としてご紹介しておられましたね。

この記事では、そんなスピードゴルフについて調査していく。

スピードゴルフとは?

スピードゴルフは、「全ホールの打数」と「全ホールを回るのにかかった時間」を合算した数値をスコアとして算出するスポーツだ。

クラブ本数は7本まで

スピードゴルフではクラブを7本まで携帯することが許されている。通常のゴルフでは14本まで持つことが許されているので、その半分ということになる。

スピードゴルフ ~Speed Golf~

スピードゴルフでは、1度スタートすると18ホール回り切るまで走りっぱなしになる。

もちろん、バッグを自分って持ったまま走ることになるので、バッグとクラブはできるだけ軽いものであることが高スコアを出すコツということになる。

全ホールを1人で回る

一般的なゴルフでも、企業のコンペなどオフィシャルな大会では、ゴルフ場のキャディーさんに同伴してもらってコースを回ることが多いと思う。

だが、スピードゴルフではキャディーさんはいない。それどころか、個人競技なのでひたすら最後まで1人で走って打ってを繰り返す。

よしお
実際にコースを回ったことがある方ならご存知だろうが、初心者のうちは他の参加者に迷惑をかけないため、クラブを数本持ってダッシュしながらコースを回る。

初心者ゴルファーは知らないうちにスピードゴルフに近いプレーをしているわけだ。

1時間でホールアウト

一般的なゴルフでは、コースの長さや難易度にもよるが、全ホールを回りきるまでに5~6時間くらいかかる。

例えば、朝の8時にスタートした団体なら、13時~14時にホールアウトするのが普通だ。

ゴルフはロケット鉛筆のように順々にスタートするので、ゆっくり回っていると後続の団体からせっつかれてしまい、結局ホールアウトまでにかかる時間は変わらない。
よしお
後ろから「早くしろよー」というプレッシャーを受けながら打つドライバーショットは、メンタルに響くものがある。。

一方、スピードゴルフでは全ホールを回り終わるまでにかかる時間は1時間ほど。

全部で18ホールだから、1ホールあたり3分ちょっとで回ることになる。

基本的に、始まったらホールアウトするまでずっと走りっぱなしです(打つ時やグリーンでは走らない)。

次のホールに移動するときも時間は進んでしまうので、本当にずっと走りっぱなのだ。

スピードゴルフのルール

1ショットを1分として扱う

打数と時間を合計するスピードゴルフなので、単位を揃えた上で合算する。具体的には、1ショットが1分として扱われることになる。

たとえば、全ホールを100ショットでまわり、63分20秒でホールアウトした選手がいたとする。

すると、100ショットは100分に換算されるので、163:20がその選手のスコアになるのだ。

通常のゴルフスコアと区別するため、スピードゴルフのスコアを「スピードゴルフスコア(SGS)」と呼びます。

 

ゴルフと同じマナーを守る

スピードゴルフはずっと走りながら移動するが、だからといってコースを乱雑に扱っていいわけではない。通常のゴルフと同じようにマナーを守ってプレーする必要がある。

バンカー(砂場)で打ったあとはちゃんとならしたり、グリーンは走るとボコボコになってしまうので歩かないといけなかったりと、ゴルフマナーを守った上でタイムを短くする努力が求められるのだ。

 

スピードゴルフに必要な道具とは?

スピードゴルフを行うために必要な道具は、普通のゴルフとほとんど変わらない。ただ、道具を選ぶ際の観点はちょっとだけ変わる。

2-1. クラブ

クラブは通常のゴルフと同じもので構いないが、ずっと手に持って走らないといけないので、できるだけ軽い素材で作られたクラブがいいだろう。

ただ、軽量クラブにすると飛距離が伸びなくなるという方もいらっしゃいる。

特に、男性で身体の堅い方などは、クラブをスイングしたときの遠心力で身体を回転させている場合あり、そういった方は軽いクラブだと遠心力が下がって飛距離が縮んだりする。

よしお
クラブを軽くしてランニングにかかる時間と体力を節約するか、飛距離を稼いでタイムを節約するか、ご自身の特性にあった戦略を考えるのもスピードゴルフの魅力だ。

 

バッグ

クラブ同様、バッグも片手にもったまま移動する。

担いでもルール違反にはならないそうだが、担いで→下ろして→担いで、という動作を積み重ねれば大きなタイムロスになるので、片手で持てるようになっているスピードゴルフ用バッグがおすすめだ。

車輪がついているバッグや、電動式で移動できるバッグは使用禁止だ。

 

ゴルフウェア

速乾性のゴルフウェアをおすすめする。普通のゴルフでは夏場でない限りはそんなに汗をかきませんが、スピードゴルフでは汗だくになりながらプレーすることになる。

汗をかいたままだとウェアが冷えて体温が奪われ、余計なエネルギーを消費することにもなるし、何よりべたべたなウェアだと気持ち悪くて集中力が下がってしまうかもしれない。

汗をかいても気にならないウエアを選んだほうがいいだろう。

 

シューズ

せっかく綺麗に整えられているコースが傷ついてしまうので、靴裏に鉄製スパイクがついているシューズは使用禁止だ。







スピードゴルフとは? ~Speed golf~|達成感が倍増し!?速さと正確性が求められる次世代ゴルフ!

この記事がお役に立ったらシェアしてください