はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは、 パーソナルトレーナーが運営している総合フィットネスブログです。
自身のボディビルディングや、クライアント様への指導で得た知識に基づき、分かりやすく情報発信しています。

ハムストリングスの1つである半膜様筋とは?鍛える筋トレ3種をご紹介

半膜様筋(はんまくようきん)

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。

本日はハムストリングスを構成している半膜様筋を鍛える筋トレについて書いていく

半膜様筋って?

まずは半膜様筋がどんな筋肉なのか、そもそもどこにあるのかを理解していく。

ちなみに、半膜様筋は「はんまくようきん」と読みます。

ハムストリングスを構成する筋肉の1つ

このサイトでもハムストリングスを鍛える筋トレをご紹介しているが、半膜様筋はハムストリングスを構成している筋肉の1つだ。

ハムストリングスを構成する筋肉
男性
え?
ハムストリングスっていう筋肉があるわけじゃないの?

いいえ、ハムストリングスという名称の筋肉はない。

ハムストリングスとは特定の筋肉を指し示している単語ではなく、太ももの裏側にある3つの筋肉の総称なのだ。

ハムストリングスを構成する筋肉

  1. 半腱様筋 (はんけんようきん)
  2. 半膜様筋 (はんまくようきん)
  3. 大腿二頭筋 (だいたいにとうきん)

さらに付け加えると、半腱様筋と半膜様筋を合わせて「内側ハムストリングス」と呼び、大腿二頭筋を「外側ハムストリング」と呼ぶこともある。

 

英語でSemimembranosus muscle

半膜様筋は英語でSemimembranosus muscleと書きます。

よしお
muscleは筋肉だと理解できるが、前半の単語が長くて読みにくいったらないね。。。

しかも初めて目にする単語ということもあって、もはや暗号のように見えてくる気がする。

このままでは分かりづらいので、ちょっと分解しながら理解していく。

Semimembranosusで半膜

はじめに、Semimembranosusでは長いので「Semi」と「membranosus」に分けて考える。

Semiは「半分の…」という意味で使われる接頭語なので、「membranosus」にくっついたものと推測される。

接頭語とは?

ある単語の前半にくっつくことによって、新たに意味を付け加える単語だ。

(例)Final(決勝) → Semifinal(準決勝)

membranosusは、membranousという「膜の…」や「膜性の…」を意味する形容詞が変化したものと考えられる。

なので、Semi-membranosusで「半膜性の…」という意味を表していると言えるだろう。

 

半膜様筋を鍛える筋トレ

それでは、半膜様筋を鍛えられる筋トレにはどんなメニューが当てはまるのだろうか。

2-1. ライイング・レッグカール

半膜様筋はハムストリングスを構成している筋肉だから、太もも裏側の筋肉をまとめて鍛えるライイング・レッグカールが有効だ。

レッグカール

レッグカール

ライイング・レッグカールのやり方

  1. レッグカールマシンにうつ伏せになる。
  2. 両手で台をグリップする。
  3. 膝関節が90度以下になるまで膝を曲げる。
  4. ゆっくり膝を伸ばして元に戻す。

 

シーテッド・レッグカール

こちらもレッグカールの1種だが、座った状態で行うレッグカールだ。

シーテッド・レッグカール

シーテッド・レッグカール

ライイング・レッグカールとは異なり、「座った状態 = 股関節が屈曲した状態」で行いるので、半膜様筋と半腱様筋への負荷が強くなる。

シーテッド・レッグカールのやり方

  1. レッグカールマシンに座る。
  2. 両手でグリップをしっかり握る。
  3. 膝関節が90度以下になるまで膝を曲げる。
  4. ゆっくり膝を伸ばして元に戻す。

 

スティフレッグド・デッドリフト

スティフレッグド
デッドリフト

デッドリフトは私が大好きなトレーニングの1つなのだが、そのバリエーションの1つとして、膝を曲げないで実施するスティフレッグド・デッドリフトというものがある。

通常のデッドリフトでは、膝を曲げながらしゃがみこんでバーベルを握る。

しかし、スティフレッグド・デッドリフトでは膝を伸ばしたまま前傾姿勢になり、腕を伸ばしてバーベルを握る。そして、上体を起こすときも膝は伸ばしたままだ。

スティフレッグド・デッドリフトのやり方

  1. 足を肩幅に開きバーベルの前に立つ。
  2. 膝を伸ばしたまま身体を前傾させる。
  3. 腕を伸ばしたままバーベルを持つ。
  4. 腕と膝を伸ばしたまま上体を起こす。
  5. 再び前傾しバーベルを元の位置に戻す。

 

あとがき

いかがだっただろうか。

本日はハムストリングスを構成する内側の筋肉、半膜様筋についてまとめました。

実生活で半膜様筋のことを考えてトレーニングする機会はかなり少ないかもしれないが、意識して行うことで筋トレの実感にも変化が起きることもあるだろう。

そうなればより筋トレ効果が高まることも期待されるので、ぜひ1つ1つの筋肉を理解してトレーニングに励んでみてほしいね







半膜様筋(はんまくようきん)

この記事がお役に立ったらシェアしてください