はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

レスベラトロールの体脂肪減少(ダイエット効果)の考察

レスベラトロールの体脂肪減少(ダイエット効果)の考察

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







今回は、レスベラトロールとダイエットとの関係についてご説明する。

レスベラトロールとは、ブドウやピーナッツの渋皮などに含まれ、フレンチ・パラドックスとの関係も囁かれている栄養素。

その体重減少作用(ダイエット効果)ついて、研究論文などをもとに考察する。

レスベラトロールとは?

レスベラトロールは、抗酸化作用があることで知られているポリフェノールの1種です(What You Need to Know About Resveratrol Supplements. WebMD. )

主に、ブドウの皮中に含まれていることが知られている。その他、ピーナッツやベリー類にも含まれている。

レスベラトロールとフレンチパラドックス

みなさんは「フレンチ・パラドックス」という言葉をご存知だろうか?

飽和脂肪酸やアルコール飲料を中心とした、冠動脈性疾患を引き起こしやすい要因を多く含む食事をしているのにも関わらず、それによる死亡率が低いというパラドックスのことだ。

主にフランスでこのような現象が見られることから、フレンチ・パラドックスと名付けられている (Ferrières, Jean. “The French paradox: lessons for other countries.” Heart 90.1 (2004): 107-111.)

確かに、フランス料理では、バターをふんだんに使用しているし、メインディッシュは赤身肉。そして食事には多くの場合に赤ワインがつきます。

このような食事は冠動脈性疾患を引き起こしやすい要因を複数そなえている。
それにも関わらず、それによる死亡率が低い。なぜこのようなことが起こるのだろうか。

このパラドックスが発生する原因に、赤ワインが関係しているのではないかと考えられていました。

その理由が、今回紹介しているレスベラトロールが赤ワインに多く含まれるためだ。

レスベラトロールには、心臓の再分極を遅くしたり、不整脈を抑える働きがあるなど、いくつかの心臓を保護するための働きがある (Stephan, Laura Siga, et al. “Red wine, resveratrol and atrial fibrillation.” Nutrients 9.11 (2017): 1190.)

そういった働きが冠動脈性疾患の発生を抑えていたと考えられていたのだ。

しかし、最近の研究では、それだけにとどまらない、様々な健康に対する有益な効果が発見されようとしている。
その一つが、今回紹介しようとしているダイエットを助ける効果だ。

レスベラトロールは脂肪合成を抑制させる

では、レスベラトロールはどのような作用でもってダイエットを助けるのだろうか。
これは、レスベラトロールの脂肪合成を抑制する効果にある。

このことを説明するために、まずは脂肪が合成されるプロセスから説明していこう。

脂肪合成のプロセス

脂肪細胞は、幹となる細胞から分化し、自らと同じ細胞を増殖(クローン増殖)、その後、脂肪が細胞の中に入り、大きくなっていく。

脂肪細胞は、発生→増殖→肥大化というプロセスを追って成長していく。これが過剰に行われた場合に、脂肪が蓄積していくのです(Farmer, Stephen R. “Transcriptional control of adipocyte formation.” Cell metabolism 4.4 (2006): 263-273.)

そのプロセスが正常に行われるためには、様々な物質が滞りなく作用することが必要だ。

たとえば、PPARγ、C/EBPα、SREBP-1cなどは、脂肪細胞に分化する際に必要な転写因子で、特にPPARγは分化に必須だ。

こういった物質の生成や発現をレスベラトロールが妨げることが報告されている。

脂肪細胞を死なせる作用もある

さらに、レスベラトロールには脂肪細胞のアポトーシス(細胞死)を促進する効果もあることがわかっている。

豚の脂肪細胞を用いた研究では、アポトーシスを開始させる重要なシグナルである、カスパーゼ-3を増加させることを報告している。

この場合のアポトーシスは、脂肪の前細胞について作用するため、前脂肪細胞が脂肪細胞に成熟する前にその細胞を破壊する。

以上2つの作用により、レスベラトロールは、ミクロレベルで脂肪合成を抑制する働きを持つ。

しかし重要なのは、この作用が実際の人間においても作用するかどうかだ。

先ほど、脂肪細胞のアポトーシスを促進する働きがレスベラトロールにあることを説明したが、それが発揮される濃度は、生体内では実現するのが難しいほどの高濃度だ。

そのため、細胞実験で見られたような効果が、おいても現れる保証はない。

以下では、実際にレスベラトロールを口から摂取した場合の効果について紹介していく。

レスベラトロールの人間に対する効果は?

結論から申し上げる。

過体重および肥満の人に対してレスベラトロールを摂取させた場合でも、レスベラトロールによる体重減少効果および体脂肪量に改善は見られませんだった。

これは、レスベラトロールを対象にランダム化比較試験を行った9つの研究を系統的にレビューした研究の結果に基づいている(Christenson, Julia, et al. “The effects of resveratrol supplementation in overweight and obese humans: a systematic review of randomized trials.” Metabolic syndrome and related disorders 14.7 (2016): 323-333.)

この研究では、1990年から2015年までに公表され、ランダム化比較試験という結果の信頼性の高い研究デザインで行われた、レスベラトロールと肥満との関連を検討した研究をレビューしている。

9つの研究全体で合わせて、208名の被験者が参加していました。
それぞれの試験における実施期間はまちまちだが、短い試験で2週間、長いものでは3ヶ月におよぶものもありました。

これらの研究のうち、7つの研究ではBMIおよび体重の変化、2つの研究では体脂肪量および脂肪の組成、1つの研究ではその両方を測定している。

しかし、これらの研究では、いずれの指標にも、統計学的に有意な変化は見られませんだった。
レスベラトロールは体重および脂肪量を変化させなかったのだ。

この結果はどのように解釈すれば良いだろうか。

細胞レベルでみると、確かにレスベラトロールには、体重減少に対して有益な方向に働く作用があると考えられる。

しかし、実際に人に対して摂取させた場合にはそのような効果が見られませんだった。
これについて考えられる可能性は試験期間の短さだ。

先でも記述したが、今回の研究では2週間か90日程度の実験期間だった。

この期間は薬品などの病気の治療に対する実験期間としては十分な期間だが、それよりも影響が低いと考えられる栄養素に対する実験期間としては短かったのかもしれない。

また投与量が、効果を得るために必要な量には足りなかったのかもしれない。

細胞に直接にレスベラトロールを投与する場合、かなりの高濃度で作用させることになる。
しかし、サプリメントなどで摂取した場合、そこまでの高濃度にはならない。

体液で薄められるし、摂取した全てが細胞に届くとも限らないからだ。
そのため、期待する効果が得られなかったと考えられる。

まとめ

今回はレスベラトロールがダイエットに効果的か否かを解説した。

今回紹介した研究を検証した結果、現状では、レスベラトロールをダイエットに用いることを積極的に推奨することはできないと思う。

ただし、レスベラトロールには、体重減少以外にも有益な効果が確認されている。

それに加えて、レスベラトロールが体重減少とは逆方向―体重を増加させる方向に作用するとは考えにくいと思う。

以上より、レスベラトロールを摂取してもいいと思うが、積極的には摂らないことを推奨する。







レスベラトロールの体脂肪減少(ダイエット効果)の考察

この記事がお役に立ったらシェアしてください