大腿の筋トレ

大腿直筋とはどんな筋肉?役割や大腿四頭筋との関係を解説

大腿直筋ってどんな筋肉なのか。役割や大腿四頭筋との関係を解説。

本日は、大腿四頭筋を構成する筋肉の1つである大腿直筋をテーマに書いていきます。

大腿直筋とは?

まずは大腿直筋がどういった筋肉なのか、その場所や役割から見ていきます。

大腿四頭筋を構成する筋肉の1つ

大腿四頭筋は特定の筋肉を指しているわけではなく、以下4つの筋肉の総称です。

大腿四頭筋

  1. 外側広筋 (がいそくこうきん)
  2. 内側広筋 (ないそくこうきん)
  3. 中間広筋 (ちゅうかんこうきん)
  4. 大腿直筋 (だいたいちょっきん)

大腿直筋は大腿四頭筋を構成する筋肉の1つなのです。

大腿直筋大腿直筋

 

英語でRectus femoris muscle

大腿直筋は英語でRectus femoris muscle

大腿直筋は英語でRectus femoris muscleと書き、”レクタス・フェモリス・マッスル”と読みます。

rectusは解剖学で「直筋」、そのほかには「直線的」といった意味があります。一方で、femorisは「大腿部」を意味しているので、Rectus femoris muscleで大腿直筋という意味になるのがわかります。

 

大腿直筋の役割

大腿直筋の役割は2つ。

1つは膝関節と下腿の関係において、膝を曲げた状態から伸ばすときに大腿直筋が収縮します。

膝関節における下腿の伸展

もう1つは、股関節と大腿の関係において、脚を伸ばすときに大腿直筋が収縮します。

股関節に対して大腿が屈曲した状態から伸展した