パンプアップとは? ~Pump up~

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







パンプアップとは、筋肉に血液やリンパ液が溜まった状態のことだ。

よしお
たまに、パンプアップとバルクアップを混同されている方がおられるが、バルクアップは筋肉量を増やすことなので、注意してほしい。

高強度の負荷をかけながら筋線維が収縮するためには、筋肉は筋グリコーゲンなどのエネルギー源を分解・消費する。

当然、運動の負荷が高いほど筋肉内に貯蔵していたエネルギー(筋グリコーゲン)が足りなくなる。そこで、新しい栄養素を届けるために、心拍数が上がって血液が次々に送り込まれる。

同時に、エネルギー源の消費によって生まれた老廃物(クレアチンキナーゼや乳酸)も蓄積していくので、次第に筋肉が太くなっていくのだ。

この時の太さはあくまで一時的なもので、15分くらいすれば元の太さに戻る。







この記事がお役に立ったらシェアしてください