プロテイン

【2019年】筋トレ先進国アメリカで人気のプロテインランキング

proteinrank10-bbcom

この記事の目的

2017年にマクマスター大学のモートン博士らが実施したメタアナリシスにおいて、筋力トレーニングをして筋繊維を増やすには、トレーニング後24時間以内に「体重×1.6gまで」のタンパク質を摂取することが望ましいと結論づけられました。

メタアナリシスとは、複数の研究論文を総合的に精査して結論を導く学術研究です。

Dietary protein supplementation significantly enhanced changes in muscle strength and size during prolonged RET in healthy adults. Increasing age reduces and training experience increases the efficacy of protein supplementation during RET. With protein supplementation, protein intakes at amounts greater than ~1.6 g/kg/day do not further contribute RET-induced gains in FFM.

“A systematic review, meta-analysis and meta-regression of the effect of protein supplementation on resistance training-induced gains in muscle mass and strength in healthy adults.”. NCBI.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28698222, (参照 2019-5-17)

 

つまり、体重によって必要なタンパク質量が変わってくるわけで、それをまとめたのが次の資料です。

体重 トレーニング後24時間以内の
タンパク質の摂取目安量

サーロイン
50kg 80g 370.4g
55kg 88g 407.4g
60kg 96g 444.4g
65kg 104g 481.5g
70kg 112g 518.5g
75kg 120g 555.6g
80kg 128g 592.6g
85kg 136g 629.6g
90kg 144g 666.7g
95kg 151g 703.7g
100kg 160g 740.7g

これはつまり、たとえば、体重55kgの方であれば、筋トレ後24時間以内に88gのタンパク質を摂取する必要があり、そのためには牛サーロインを407.5gも食べなければなりません。

ちなみに僕は体重90kgなので、サーロインを666.7gも食べる必要があると試算されていますが、そんなに食べるにはお金がいくらあっても足りませんし、脂質・糖質も増えすぎてカロリー過多になります。

そこで選択肢となるのがプロテインです。
お腹に入るのは少ない量でありながら、高タンパク低脂質低糖質なので効率的にタンパク質を摂取できます。

 

自宅にいながらボタン1つで世界中のプロテインをすぐに買うことができる世の中ですが、昨今のフィットネスブームに応じてプロテイン商品もたくさん増えてしまったので、選ぶのが大変です。

そこでこのページでは、「筋トレ先進国アメリカのプロテインランキング」を日本の皆様に向けてご紹介していきます。

ランキングの順番は、Bodybuilding.comという超大手の海外サイトで紹介されている内容に準拠しています。

アメリカ製プロテインについて

これまで日本製しか試したことがない方に理解してほしいのが、プロテインやサプリメントは日本よりもアメリカのほうが先進国だということです。

多くの国民が自分でサプリメントを買って飲んでいるほど浸透しているので、むしろ日本よりもアメリカのほうがサプリメントに求めるクオリティと安全性がケタ違いに高かったします。

【参考記事】cGMPとは?

昔は日本製プロテインを飲んでました

ザバスソイプロテイン

僕が筋力トレーニングをはじめたのが2012年頃、サラリーマン時代に名古屋に転勤して1年が経過した頃、ゴールドジムにハマっていた先輩に勧められたことがきっかけです。

そもそも当時は何の知識もなかったので、筋力トレーニングをしていながらプロテインを一切飲んでいなかったのです。
そのせいか、どんなに筋トレしてもほとんど結果は出なかったのです。

[/jin-iconbox14]効果が出ないどころか、筋トレで傷ついた筋線維(筋繊維)が修復できずに、肉離れになるなんて事件もありました。[/jin-iconbox14]

トレーナーの多くは海外プロテインを飲んでいる

中級以上のトレーナーはみな海外製プロテインを飲んでいる

2016年からパーソナルトレーナーとして独立した後は、栄養学などを元に自ら筋力トレーニングをはじめました。

修行のために入社したジムでは、メンズフィジークやベストボディジャパンにも出場しているトレーナーの皆様が先輩として働いていらっしゃいましたが、中級者以上のトレーナーで国産プロテインを飲んでいる方は少ないという事実に気づいたのです。

日本製は値段が高いわりにはタンパク質含有量も少なく、毎日のようにプロテインを飲む人にとってはコスパ的にも素晴らしいとは言えません。

この事実に気づいて以来、僕も海外製プロテインについて積極的に情報収集をし、実際に自分で購入して飲んでみて、どの商品がいいのか考える日々を送っています。

海外アメリカの人気プロテインランキング

  1. ゴールドスタンダード100%ホエイ
  2. ニトロテック(MuscleTech)
  3. ロジム(JYM)
  4. シンサ6(BSN)
  5. スタックドプロテイン(EVLUTION NUTRITION)
  6. ISO-100(DYMATIZE)
  7. ゴールドスタンダード100%カゼイン(Optimum Nutrition)

第1位:ゴールドスタンダード100%ホエイ(Optimum Nutrition)

ゴールドスタンダード

筋トレが大好きな方や、フィットネス業界で働いている方なら1度は絶対にこの名前を聞いたことがあるはずの、オプチマム『ゴールドスタンダード 100%ホエイ』シリーズです。

ホエイプロテインといえば『ゴールドスタンダード 100%ホエイ』を指す人も多いと断言できるほど知名度が高い商品です。

僕もかつて、ゴールドスタンダードのクッキークリーム味を毎日飲んでいましたが、現在ではマッスルテック社のニトロテック・リップドや、CGNの『ホエイプロテインアイソレート』を飲んだりしています。

特長①:味(フレーバー)の種類が多い

ひと昔前はプロテインといえばマズイものでした。
僕も高校時代、バレーボール部の先輩から勧められたときは、あまりのマズさに吐いてしまったくらいでした。

でも、最近のプロテインはもはやお菓子みたいに美味しいです。

当然ながら砂糖は全然入っていないのでジュースほど甘くはありませんが、冷たい牛乳で混ぜればマックシェイクみたいな味になるプロテインもあります。

特にこのゴールドスタンダードシリーズは味(フレーバー)の種類がとっても豊富。
必ず皆様のお口に合うテイストが見つかります。

Flavors of GS

僕はこれまでダブルリッチチョコレートとクッキー&クリームの2種類しか飲んだことがありませんが、ダブルリッチチョコレートを飲んだ時の鼻を通る香りは、ハーゲンダッツのチョコ味の香りと似ていて驚きでした

甘いのが苦手という方のために、よりナチュラルな風味バージョンもあります。

ゴールドスタンダードには甘さを抑えたナチュラル風味があります。

ちなみに、どの味でもタンパク質は24gに統一されています。

proteinrank10-bbcom_03

僕はかなりの甘党なので、クッキー&クリームを飲みきったあとは、ストロベリーバナナ味を試してみようと思っています。

特長②:アミノ酸スコアが100

アミノ酸スコアをご存知でない方は、プロテインスコア・アミノ酸スコア・PDSCCAの違いをご覧になってください。

ゴールドスタンダードはアメリカ産プロテインなので、アミノ酸評価に用いられているのはPDSCCA基準です。

PDSCCAは、従来のアミノ酸スコアで算出された数値に吸収率を加味して補正した評価基準。

つまり、含有バランスだけではなくどれだけ効率的に吸収されるかも考慮した上でのスコアになります。

iHerbで購入Amazonで購入

第2位 ニトロテック(MuscleTech)

NITRO-TECH_01

第2位はMuscleTech社が作っている『NITRO-TECH』です。
ゴールドスタンダードと同じようにアメリカでトップクラスの流通量を誇る大人気プロテインです。

クレアチン・BCAA・グルタミンが摂取可能

ニトロテックはタンパク質だけでなく、BCAA(分岐鎖アミノ酸)・クレアチン・グルタミンも一緒に摂取できます。

NITRO-TECH_02

筋肉の中にあるクレアチン量が増加していると、重いものをもちあげる運動をしても筋肉が疲れにくくなりますし、筋トレ後の筋肉痛も軽減されるので、男性だけでなく女性にもオススメです。

1杯でタンパク質が30gも摂取できる

日本製プロテインだと、筋トレ後に必要な量のタンパク質を摂取するためには1.5杯~2杯は飲むないと十分でなかったりします。

そうするとお腹もタプタプになりますし、何よりお金がかかってしまうんです。
ニトロテックなら1杯で十分な量のタンパク質を摂取できます。

NITRO-TECH_03
ちなみに、第1位のゴールドスタンダードが1すくいで24gなのに対して、ニトロテックなら30gのタンパク質を摂取できます。

僕のオススメはニトロテックリップド(Nitrotech Ripped)です。

味もかなり美味しいですし、ダイエットに適した成分が多数はいっているので、ゴールドスタンダードに飽きた方は試してみてください。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

iHerbで購入Amazonで購入

第3位:プロジム(JYM)

JYM PRO JYM_01

第3位はJym社が提供している『Pro Jym』がランクインしました。

筋肉が成長しやすい

JYM PRO JYM_02rev

JYM社の研究によると、吸収速度の速いホエイプロテインだけを摂取した場合よりも、ホエイタンパク質に吸収速度が中間の卵白性タンパク質と、吸収の遅いカゼインタンパク質を混ぜて摂取したほうが、筋肉のタンパク質合成が長く続くそうです。

筋肉のタンパク質合成が長く続くということは、筋肉の成長が促進されるってことですね

iHerbで買えないのが難点

しかし、『Pro Jym』の残念なところは、iHerbで購入できないところです。。。

Body Building.comで買えるからいいのですが、iHerbのほうが購入したときのポイント還元率なども高いから、iHerbで買いたいんですよね。

iHerbで購入Amazonで購入

第4位:シンサ6(BSN)

BSN SYNTHA-6_01

牛乳と混ぜたら最高にうまいらしい

僕はまだ『シンサ6』を試したことがないのですが、海外のレビューをみていると「今まで試したプロテインで1番美味しい牛乳に混ぜたらまさにシェイクと同じでした」とか、味に関する高評価がとても多かったです。

中には、「うちの子供たちも好きです」なんて口コミもありました。
お子さんが気にいるってことは、本当においしいんでしょうね。

今あるプロテインがなくなったら、ぜひ試してみたいプロテインリストに加えておきます。

iHerbで購入Amazonで購入

第5位:スタックドプロテイン(EVLUTION NUTRITION)

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_01

『Stacked Protein』はEVOLUTION NUTRITION社が販売しているプロテインです。
アメリカでの販売ランキングでは第5位です。

グルテンフリー

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_02

グルテンという名前を聞いたことがあるでしょうか。
Wikipediaでの説明では以下の通り。

小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっています。

まだ研究段階らしいので個々人でご判断いただければと存じますが、グルテン摂取には腸内環境の変異や運動能力の低下を及ぼすリスクがあるそうです。

なので、気になる方はグルテンフリーのプロテインを選んでみてもいいと思います。

グルタミン・BCAAなどを含有

EVLUTION NUTRITION STACKED PROTEIN_03

『Stacked Protein』にはプロテインだけでなく、グルタミンやBCAAも含まれています。

グルタミンが不足すると筋肉を分解(カタボリック)することでグルタミンを補おうとするので、せっかく鍛えた筋肉が小さくなってしまうのです。

なので、トレーニング中・ダイエット中の方などは特にグルタミンを摂取しておいたほうがいいですよ。

iHerbで購入Amazonで購入

第6位:ISO-100(DYMATIZE)

DYMATIZE ISO-100_01

第6位はDymatize社が製造・販売しているプロテインである『ISO-100』です。

1杯あたりにBCAAが5.5g

BCAAとは必須アミノ酸の中にあるバリン・ロイシン・イソロイシンのことを指しています。
BCAAが不足している状態でトレーニングすると、筋肉の分解が促進されてしまうのです。

低カロリー低糖質

『ISO-100』はダイエット中の方にオススメのプロテインです。

もともとほとんどのプロテインにはカロリーが少なく、砂糖もあんまり含まれていないのですが、この『ISO-100』は特に低カロリー低糖質です。

『ISO-100』

よく誤解されているのですが、プロテインを飲むと太るわけではありません。

食事の代わりにプロテインを摂取すると、血糖値の上昇が抑えられることで空腹感が少なくなるので、食べるご飯の量が減り太りにくくなります。

iHerbで購入Amazonで購入

第7位:ゴールドスタンダード100%カゼイン(Optimum Nutrition)

OPTIMUM NUTRITION GOLD STANDARD 100% CASEIN_01

ゴールドスタンダード100%ホエイといえば、どの海外サイトでも1位になっている大人気のプロテインシリーズです。

このゴールドスタンダードのカゼインタンパク質版がこの『ゴールドスタンダード100%カゼイン』です。

寝る前の摂取が効果的

カゼインタンパク質の特徴は吸収が遅いことです。

通常、トレーニング直後はなるべく早くタンパク質を補給してあげないと効果がなくなるので、吸収の早いホエイプロテインを摂取します(45分~2時間以内)。

ですが、カゼインのプロテインは寝る前に摂取することが推奨されています。

というのも、就寝時は胃が空っぽの状態が続いてしまうので、筋肉の分解(カタボリック)が進んでしまうのです。

カゼインは吸収に6~7時間ほどかかるので寝ている間にずっと吸収でき、筋肉の分解が抑制されるのです。

iHerbで購入Amazonで購入

まとめ

海外製プロテインって聞くだけで、なんとなく不安なイメージをもってしまう方は多いと思います。

しかし、アメリカのほうが筋トレが文化レベルで根付いていますし、ボディビルダーじゃなくても筋トレが習慣化しているので、それだけ多くの方々に試されている厳しい市場で生き残っているプロテインを意味します。

なので、恐がらずに試してみてください。

アイハーブならとてもお安くプロテインが手に入りますし、個人輸入に伴うリスクもなく、誰でも簡単にお買い物できますよ!

【iHerb】アイハーブ割引クーポン・プロモコードの使い方

関連記事