フェニルアラニンとは? ~Phenylalanine~|必須アミノ酸の1つ

フェニルアラニンとは? ~Phenylalanine~|必須アミノ酸の1つ!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







ここでは、必須アミノ酸の1種である「フェニルアラニン」についてお話している。

フェニルアラニンとは?

フェニルアラニンの概要についてみていこう。

必須アミノ酸の1つ

フェニルアラニンは人体を構成する9種類の必須アミノ酸の1つだ。

バリン・ロイシン・イソロイシンはBCAA(分岐鎖アミノ酸)

フェニルアラニンは必須アミノ酸

 

LとDの違い

フェニルアラニンだけではなく他のアミノ酸でも同様なのだが、L-フェニルアラニンとD-フェニルアラニンという2つのエナンチオマーをもっている。

L-フェニルアラニンが自然界に存在するフェニルアラニンであり、一方のD-フェニルアラニンは人工的に生成されたフェニルアラニンだ。

両者は摂取後の変換先も異なる。

自然界に存在するL-フェニルアラニンは体内に摂取されるとL-チロシンに変換され、その後L-ドーパになる。L-ドーパはノルアドレナリン・ドーパミン・アドレナリンに変換されていく。

化学合成によって人工的に生成されたD-フェニルアラニンは、Lと同じ工程を経ることはなくフェネチルアミンに変換されて終わりだ。

 

アスパルテームの加水分解

シュガーレス飲料に含まれている人工甘味料のアスパルテームは、体内に摂取されたあとに加水分解されてフェニルアラニン・アスパラギン酸・メタノールになる。







フェニルアラニンとは? ~Phenylalanine~|必須アミノ酸の1つ!

この記事がお役に立ったらシェアしてください