はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは、 パーソナルトレーナーが運営している総合フィットネスブログです。
自身のボディビルディングや、クライアント様への指導で得た知識に基づき、分かりやすく情報発信しています。

ピークコントラクション法とは? ~Peak-Contraction method~

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。

ピークコントラクション法(PC法)とは、筋肉にとって最大の刺激がかかっている状態を数秒間キープすることで、筋肉に対してより大きな刺激を与えるトレーニング法だ。

ピークコントラクション法とは?

ピークコントラクション法とは、筋線維が最大収縮した状態をキープして刺激を与えるテクニックだ。

最後の段階をキープすること

プリチャーカールを例にご説明しよう。

プリチャーカールのステップはざっくり3段階に分けられる。

  1. バーベルを上げ始めた段階
  2. バーベルを上げている最中
  3. バーベルを上げきった段階

この3段階のうち、筋肉にとってもっとも刺激が強いのは「3. バーベルを上げきった段階」だ。

なんとなく1段階目が一番きついんじゃないかというイメージがあるが、筋肉が収縮しきっている最後のステップがピークなのだ。

この収縮しきった段階を数秒間キープすることで、筋肉にさらなる刺激を与えるのがピークコントラクション法だ。

 

メリットとデメリット

メリット

多くの筋肉トレーニング種目において、動きの最終局面といえばもっともツラいタイミングだ。

というのも、筋線維がフルコントラクションの状態になるために乳酸などの老廃物が溜まってパンパンな状態になる。この状態がかなりキツい、、というかほとんど痛いと思う。もう2度とやりたくないって思うくらい痛いと思う。

だが、この究極にパンプアップした時間を続けることが、筋肉を育てる筋肥大にとても効果的なのだ。

 

デメリット

ピークコントラクション法のデメリットは、負荷の高さによるトレーニング強度もしくは回数の低下だ。

1回負荷をかける度に最大収縮したポイントで維持するわけだから、それだけ筋肉も疲労していく。

筋肉が疲労した結果、普通にやっていたら100kg扱えたトレーニングでも、80kgくらいになってしまうデメリットがある。

なので、トレーニングの組み立て方としては、先に通常方法の筋トレを行っておき、続いてピークコントラクション法で行うことをおすすめする。







この記事がお役に立ったらシェアしてください