はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

学校に通わずに取得できる栄養学の資格を調べました

board-361516_1280

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







この記事では「教育機関に通わずに取得できる栄養学の資格」がテーマだ。

栄養関係の資格といえば「栄養士」もしくは「管理栄養士」が思い浮かぶと思う。どちらも国家資格なので、行政に認定されている教育機関を卒業し、国家試験に合格するなどのプロセスが必要だ。

だがこれでは、サラリーマンやOLとして働きながら栄養学の資格を取りたいという方には難しいだろう。

そこで、学校に通うことなく自分のペースで勉強しながら資格が取得できる栄養学の資格を調べました。

栄養関係の仕事に就きたいと考えている方の参考になれば幸いと思う。

フードコーディネーター

「フードコーディネーター」はNPO法人日本フードコーディネーター協会から付与される資格だ。

1級・2級・3級の3種類があり、数字が小さくなる毎に試験の難易度も上がっていく。

英検のように級を飛ばして受験することはできないので、「フードコーディネーター」を目指すのであれば3級から順に取得する必要がある。

フードコーディネーターの概要

それぞれの資格試験は毎年1回(10月下旬〜11月にかけて)行われます。

試験会場は全国4カ所(東京・名古屋・大阪・福岡)なので、ご自宅から遠い場合は早朝から移動するか、ホテルなどに前泊して受験することになる。

よしお
マークシート方式ならパソコンでも受験できるはずだから、今後はインターネットを通じていろいろな場所から受験できるようになるといいな。

 

フードコーディネーターの受験資格

「フードコーディネーター」の受験資格はとても緩く、「中学校卒業以上の方」であれば誰でも受けることができる。

フードコーディネーターの対策

テストは記述式ではなく、マークシート方式だ。たとえ答えが全く分からなくても正解することは可能だ。

受験科目は以下4つだ。フードコーディネイターなので、ただ単に栄養について知っていればいいわけではない。

  1. 文化
  2. 科学
  3. デザイン・アート
  4. 経済・経営
調理師、栄養士、管理栄養士、製菓衛生師の資格を持っている方は、試験科目によって免除となる場合がある。

受験を検討している方は、日本フードコーディネーター協会が発行している参考書を読みよう

過去問もある。1回の受験で確実に合格するためには、過去問のおさらいは必須だ。

食生活アドバイザー

「食生活アドバイザー」は、一般社団法人FLAネットワーク協会が主体で運営している検定制度だ。

3級と2級があり、それぞれ合格率が6割と3割になっている。

前述した「フードコーディネーター」とは異なり、3級を取得していなくても2級の検定試験を受けることができる。

食生活アドバイザーの概要

検定試験は毎年2回、7月の第2日曜日と11月の第4日曜日に実施されている。

また、3級と2級の試験時間がそれぞれ違うため、1日に両方を同時受験(併願受験)できる。

試験時間

  • 3級 10 : 30スタート
  • 2級 13 : 30スタート

 

食生活アドバイザーの受験資格

「食生活アドバイザー」の受験資格はない。誰でも受験できる。

 

食生活アドバイザーの対策

過去問は販売されていないとのことだので、公式テキストを購入して対策するしかない。

これが公式テキスト。

公式テキスト以外もいろいろ出ているが、次の本が使いやすいと思う。赤シートで隠すことができるので、何度でも復習できる。







board-361516_1280

この記事がお役に立ったらシェアしてください