ホエイプロテイン

筋肥大効果を最大化するニトロテックのミルクチョコ味|ホエイプロテインランキング

ニトロテック ホエイアイソレート + リーンマッスルビルダー ミルクチョコレート 10 lbs (4.54 kg)

アメリカ製プロテイン、ニトロテックのミルクチョコレート味を買ってみました。

とゆーことで、ニトロテックRippedを飲んだ感想を書いてからしばらく経ったということもあり、ニトロテック(ミルコチョコレート味)の全成分を解説しつつ、飲んでみた感想も書いていきます。

ニトロテックは、マッスルテック社が製造しているプロテインシリーズで、たくさんの種類やフレーバーを発売しています。

ニトロテック(ミルクチョコレート)の成分表

ここからはニトロテック(ミルクチョコレート)の全成分を解説していきます。

まずはどんな成分があるのか、栄養成分表示をみてみよう

ニトロテック(ミルクチョコレート)

とは言っても、アメリカのプロテインなので表示は全部英語なので、日本語に直していきます。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

そのまま和訳したら分かりにくい日本語になったのと、あまり重要でないところを省いた結果、少しシンプルになりました。

 

主要成分6種類

まずは、どのプロテインにも必ず含まれる6つの成分を解説していきます。

脂質

脂質はその名の通り「油」です。

炭水化物・タンパク質とともに三大栄養素として僕たちの身体に必要不可欠ですが、1gあたり9kcalという高エネルギーになります。

なので、お肉やポテトチップスなどを食べすぎて脂質を摂取しまくると、使われなくなったエネルギーが余り、中性脂肪として肝臓などに溜まっていきます。

ニトロテックの脂質は1杯あたり1.5gしかないので、カロリーにするとたった13.5kcal。

気にせずにガンガン飲んでも大丈夫です。

炭水化物

炭水化物は、食物繊維と糖質のことを合わせて呼びます。

一般的に太りやすい栄養として避けられているのは炭水化物に含まれる糖質のことです。

ニトロテックの炭水化物は1杯あたり4gですが、糖質はわずか1gなので、ダイエット中の人でも安心して飲めます。

タンパク質

タンパク質はプロテインを飲む目的そのものです。

食事から摂取できればいいのですが、トレーニングしている人の1日あたり摂取目安量は「体重×1.5~2g」です。

例えば、体重50kgなら75~100gのタンパク質が1日に必要になります。

タンパク質の代名詞である牛肉でも、100gあたりに含まれる量は15g~20ほどです。

食べれなくもない量かもしれませんが、これを毎日続けるとなると厳しいでしょう。

ニトロテックプロテインは飲むだけで30gのタンパク質が摂れます。

おなかも膨らむので、朝ご飯としても有用です。

 

カルシウム

カルシウムは骨の材料になることで知られていますが、筋トレをする人にも必要です。

トレーニングは無酸素運動と有酸素運動に分類できますが、どんな運動でも、筋線維(筋繊維)が収縮することで身体を動かします。

そして、筋線維(筋繊維)が縮むときに必要となる栄養素がカルシウムです。

 

ナトリウム

ナトリウムはミネラルの1種です。

あまり取りすぎると高血圧になってしまうのですが、1杯あたり0.14gであればさほど気にすることはないでしょう。

 

BCAAとクレアチン

続いてはBCAAです。

BCAAとは、体内で合成できない必須アミノ酸3種類のことで、トレーニングに必要不可欠な栄養素です。

L-ロイシン

ロイシンは、身体でタンパク質を筋肉に合成するメカニズム「アナボリック」を促進する働きがあります。

僕たちの身体は、年をとればとるほど筋肉が減少していきます。

筋肉の合成と分解のバランスが「合成<分解」になってしまうのです。

たまに筋トレをするだけでは、分解スピードを合成スピードが上回るほどにはなりません。

ロイシンなど促進する栄養素を摂取して、効率的にしてあげることが効果的です。

L-イソロイシン

イソロイシンは疲労回復効果をもつ必須アミノ酸です。

運動によって失われたグリコーゲンを筋線維(筋繊維)の中に貯める働きがあり、トレーニングで疲れた身体を癒してくれます。

平日のトレーニングで仕事に支障が出ないようにするには、イソロイシンが効果的です。

L-バリン

せっかくトレーニングで鍛えた筋肉なので、できるだけ早く強くしたいと思いますよね。

バリンは筋肉の成長を促す効果がありますので、しっかりと摂取しておきましょう。

BCAAは、バリン・ロイシン・イソロイシンのバランスが保たれているときがもっとも力を発揮するので、3つとも一緒にとれるサプリメントが楽でいいですよ。

クレアチン

クレアチンはアミノ酸の1種で、免疫力を高める効果があります。

筋トレをすると様々なアミノ酸が消費され、体内に侵入したウイルスなどを食べる免疫機能が弱ってしまいます。

ニトロテックなら、高強度レジスタンストレーニングをしているような人に必要なクレアチンを補給できます。

 

ニトロテック(ミルクチョコレート味)を飲んでみました

さて、ここからは実際にiHerbで購入したニトロテック(ミルクチョコレート味)を飲んでみます。

今回は、もっともお得な10ポンド(4.54kg)のサイズで買ってみました。

500mlの炭酸水と並べてみると、どれだけ大きいのか良く分かります。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

いざ、開封

では、さっそく開封します。

右端(Cut Here)からハサミで切っていきましょう。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

点線に沿って、反対側まで切っていきます。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

きれいに開けることができました。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

大きな付属スプーンを発見

スプーンが見えなかったので少し中身を混ぜて探してみたところ、埋もれているのが見えた。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

取り出してみます。

やっぱり、アメリカのプロテインなので、付属スプーンのサイズも大きいですね。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

水300ccと飲んでみます

水を300cc用意しました。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

スプーン1杯分をとりました。ざっくりすりきりで良いでしょう。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

ぶちこんでいきます。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

フタをして混ぜていきましょう。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

割と簡単に溶けてくれました。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

グラスに移してみたところ、けっこうなボリュームになりました。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

さすがに量が多かったですが、美味しかったので飲みきりました。

ニトロテック(ミルクチョコレート)

 

味の感想は?

味の感想をまとめてみます。

若干の甘すぎる感はありましたが、粉っぽさが全くなく、チョコレートドリンクとして飲めるクオリティでした。

 

ニトロテックの味

  1. ミルクチョコレート
  2. クッキー&クリーム
  3. ストロベリー
  4. バニラ
  5. バニラ・バースディケーキ
  6. モカカプチーノスワール
  7. デカダンス・ブラウニー・チーズケーキ

 

同じニトロテックシリーズのニトロテック・リップドのほうが、より甘みがさっぱりしていて美味しかったです。

サイズが大きくてお得でしたが、リピートするならニトロテック・リップドが個人的には好みです。

応援ポチッお願いします!

error: Warning You are not allowed to copy this page!!