ライイング・トライセプス・エクステンションは上腕三頭筋を鍛える筋トレ

ダンベル・ライイング・トライセプス・エクステンション

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







上腕三頭筋を鍛えるトレーニング種目として少しマイナーなライイング・トライセプス・エクステンションをご紹介する。

以前にご紹介したトライセプス・エクステンション(フレンチプレス)のライイング(横になって)して行うバリエーションだとお考えくださいませ。

ライイング・トライセプス・エクステンションのやり方

フラットベンチに仰向けになる

トライセプス・エクステンション(フレンチプレス)は立った状態で行うトレーニングだった。

一方で、今回ご紹介するライイング・トライセプス・エクステンションは仰向けに寝転んだ状態でやる筋トレだ。

なおかつ、頭の高さよりも低い位置にバーベルやダンベルか下がるため、床で行うよりもフラットベンチなどを使ったほうがより効果が高まる。

ライイング・トライセプス・エクステンション

手首が頭より下になる

 

ちなみに、床でライイング・トライセプス・エクステンションを行うとこんな感じになる。

ライイング・トライセプス・エクステンションを床でやったバージョン

床でやった場合

できないこともないだが、もっとダンベルを下げたほうが上腕三頭筋がストレッチして効果が高まる。

よしお
フラットベンチが身近にない方で、どうしてもやりようがなければ床バージョンでもしょうがないだろう。

やらないよりやったほうが良いだからね。

 

グリップのやり方

ライイング・トライセプス・エクステンションは、バーベルとダンベルのどちらでも行うことができる筋トレだ。

どちらを使うかによってグリップの方法が変わるので、順番に解説していく。

バーベルのグリップ

バーベルの場合は手首を上に向けて握る。右手と左手の幅はこぶし1.5個分くらいに留めて、あまりあけすぎないようにしよう。

バーベルのグリップ

バーベルのグリップ

 

ダンベルのグリップ

ダンベルは縦になるように握る。フラット・ダンベルフライのグリップと同じだ。

バーベルよりも上腕三頭筋をフルで使うことができるし、左右で重量を変えられるので左右差が大きい方にも対応できる。

ダンベルの握り方

ダンベルの握り方

 

腕を頭の後ろに下ろす

腕を頭の後ろまで下ろしていく。

バーベルやダンベルが頭よりも下になるくらいまで下げてくれ。そのほうが上腕三頭筋が伸びて筋線維のストレッチ効果が見込めます。

腕を頭の後ろまで下ろす

腕を頭の後ろまで下ろす







ダンベル・ライイング・トライセプス・エクステンション

この記事がお役に立ったらシェアしてください