ニーレイズで腹直筋と腸腰筋を鍛えるやり方・注意点・バリエーションをご紹介!

ニーレイズで腹直筋と腸腰筋を鍛えるやり方・注意点・バリエーションをご紹介!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







「ぽっこりお腹を解消したい」「綺麗なくびれが欲しい」なんて悩んでいる女性の方は多いのではないだろうか。

確かにお腹周りの贅肉は一番落としづらく、理想の体を手に入れるのは難しいと思う。

そこで今回は、自宅でも簡単に行えてお腹痩せにも効果的な「ニーレイズ」という筋トレ種目を紹介していく。

「ニーレイズ」で鍛えられる部位と正しいフォームや注意点、そしてバリエーションまでを徹底的に解説していくので、「ニーレイズ」をマスターして引き締まった腹筋を手に入れよう!

ニーレイズで鍛えられる筋肉は?

まずはニーレイズで鍛えられる部位を紹介していく。

ニーレイズでは主に腹筋を鍛えることができるが、その中でも特に腹直筋と呼ばれるシックスパックを構成する部位に刺激が入る。

また、腸腰筋という下腹部と太ももをつないでいる筋肉も鍛えられるため、綺麗なくびれを作りたい方にはオススメなトレーニング種目だ。

ニーレイズのフォームとやり方

ニーレイズとはニー(膝)をレイズ(上げる)する、

つまり膝を上下するだけの単純な種目だ。そのため体力や筋力に自信のない女性の方でも、自宅で簡単に行うことができる。

まずはニーレイズの正しいフォームや注意点、効かせ方のコツなどを見ていこう。

正しいやり方を解説

  1. マットを用意し、体育座りのような姿勢で座る。
  2. 体の後ろで両手をついて上体を支え、膝を曲げた状態で両足をマットにつけておきます。
  3. 両足を少しだけ地面から離し、腹筋に力が入っていることを意識しよう。
    • この状態がスタートポジションだ。
  4. 膝を胸に近づけていくのに合わせて、上体も少しだけ前方に動かしていく。
  5. しっかりと腹筋が収縮するまで近づけたら一度停止する。
  6. 膝と状態をゆっくりと離していき、スタートポジションで再度切り返していこう。

この動きを繰り返していく。
回数の目安は10~15回を最低3セット以上行うようにしよう。

ニーレイズの注意点、間違い

ニーレイズを行う上で注意すべき点を3つ紹介していく。

注意点① 反動を使っている

ニーレイズを行う際は、反動を使わないように注意してほしい。

基本的には負荷もそこまで高い種目ではないため、反動を使わなくともできるはずだ。

しかしそこで切り返しの際に反動を利用してしまうと、腹筋から負荷が抜けて効果が半減してしまう。一回一回の動作を丁寧に心がけよう。

注意点② 下半身より上半身を動かしている

ニーレイズはあくまでを膝を胸に近づけることで腹筋を鍛える種目だ。

そのためニーレイズを行う際は、上半身の動きは下半身に比べて少なくしてほしい。

上半身から膝に近づけると、その分腸腰筋や腹直筋下部の負荷が減ってしまうので、十分注意してほしい。

注意点③ ネガティブ動作がはやい

ニーレイズを行う際は、ネガティブ動作(膝と胸を離す動作)をゆっくりと行うようにしてほしい。

もちろん収縮を意識することも大事だが戻す際に腹筋に負荷が乗っている時間を長くすることで、より効果的に鍛えることができる。

イメージとしてはポジティブ動作は1秒、ネガティブ動作は3秒かけて戻していこう。

ニーレイズの筋トレ効果を高めるコツ

続いて、ニーレイズで効果を高めるコツを2つ紹介していく。

コツ① 収縮時に少し停止する

ニーレイズはストレッチをかけづらいため、収縮感を強めることを意識しよう。

具体的には、胸と膝が一番近づいた最大収縮時に一度停止し、腹筋がギューっと収縮されていることを感じてから戻していく。

収縮時に止める時間の目安は1秒か2秒だ。

コツ② 股関節の動きを意識する

ニーレイズは腹筋だけではなく、腸腰筋へしっかりと刺激を与えることも大切だ。

そして腸腰筋は、基本的に股関節の屈折(曲げること)によって負荷がかかる。

そのため動作中、特に膝を胸に近づけていく際は股関節の動きを意識してみてくれ。

ニーレイズのバリエーション種目

続いて、ニーレイズのバリエーションをいくつか紹介していく。

通常のニーレイズが上手に腹筋へと効かせることができない、もしくは通常のニーレイズでは簡単すぎるなど、強度別に紹介していく。

さまざまな角度から刺激を与えることで、効率良く鍛えていこう。

シーテッドニーレイズ

シーテッドニーレイズとは、ベンチに座った状態で行うニーレイズのことだ。

  1. ベンチの端にお尻を乗せ、両手を後ろについて上体を支える。
  2. 上体を垂直から少しだけ後ろに倒した状態で両足を地面から浮かする。
    • この状態がスタートポジションになる。
  3. 膝を胸につけるようにして近づけていくのに合わせて、上体も前方に進めます。
  4. 腹筋をしっかりと収縮させたら一度停止する。
  5. 膝と胸を離すようにして下半身と上半身を動かする。
  6. しっかりと腹筋にストレッチをかけたら、再度切り返していこう。

マットに座った状態で行うよりも可動域が広くなるため、より強い刺激を与えることができる。

なるべく足を遠くに持って行く意識で行うと、より効果的に効かせることができるので試してみてくれ。

インクラインニーレイズ

インクラインニーレイズとは、インクラインベンチを利用して行うニーレイズだ。

  1. インクラインベンチの角度を30~40度でセットし、仰向けになる。
  2. 両手を頭の上に置いてベンチの端を掴み、膝を軽く曲げる。
    • この時、両足を地面から少し浮かして腹筋に負荷が乗っていることを意識しよう。
    • ここがスタートポジションだ。
  3. 両膝を胸に近づけるようにして、足を上げていく。
  4. 腹筋が収縮された状態で少し停止し、ゆっくりと戻していく。
  5. 腹筋にしっかりとストレッチがかかったら、再度切り返していく。
    • この時、足が地面に着かないように注意してほしい。

インクラインニーレイズでは、傾斜を利用するため強度を高く設定できる。

さらに基本的には上半身は固定するため、下腹部に集中して鍛えたい場合にオススメだ。

まだ負荷が足りない場合はより角度を高く設定するか、もしくは両足に重りを挟んで動作を行おう

ハンギングニーレイズ

ハンギングニーレイズとは、鉄棒などにぶら下がった状態で行うニーレイズだ。

  1. 鉄棒を肩幅でしっかりと握る。
  2. 胸を張った状態で、少しだけ両足を地面から離する。
  3. 膝を曲げ、股関節から両足を持ち上げていく。
  4. 腹筋が収縮したら少し停止する。
  5. ゆっくりと下ろしていき、スタートポジションで再度切り返していこう。

ハンギングニーレイズは今まで紹介したニーレイズの中で、もっとも可動域を広くとれるため強度も高くなる。

ポイントとしては膝を曲げた状態で股関節から折りたたんでいくことだ。

また、ぶら下がった状態で行うために反動がつきやすくなるので注意して行ってくれ。

ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズとは、足を伸ばした状態で行うハンギングニーレイズだ。

  1. 鉄棒を肩幅でしっかりと握る。
  2. 胸を張った状態で、少しだけ両足を地面から離する。
  3. 膝をまっすぐ伸ばした状態で、股関節から持ち上げていく。
    • 両足を上げる高さは、地面と平行になる位置を目安にしてほしい。
  4. 腹筋が収縮したら少し停止する。
  5. ゆっくりと下ろしていき、スタートポジションで再度切り返していこう。

通常のニーレイズは基本的にそこまで負荷が強くないため、筋トレ初心者や女性の方向けの種目だ。

そのため、男性の方や負荷が物足りないという方にオススメな次のステップがレッグレイズとなる。

ニーレイズは膝を曲げた状態で行うがレッグレイズは足を伸ばしたまま行うため可動域が広くなり、より強い刺激を与えらます。

もしハンギングレッグレイズが難しければ、マットに仰向けになった状態でのレッグレイズから始めてみよう

まとめ

今回は初心者の方にもオススメなニーレイズの正しいやり方と注意点、そしてバリエーションまでを解説してきた。

ニーレイズのポイントとしては、膝を曲げた状態で股関節から動かしていくことだ。

今回紹介したコツや注意点を意識しながらニーレイズをマスターし、綺麗に引き締まったお腹周りを手に入れよう!







ニーレイズで腹直筋と腸腰筋を鍛えるやり方・注意点・バリエーションをご紹介!

この記事がお役に立ったらシェアしてください