インターバルとは? ~Interval~

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







インターバルとは、セットとセットの間にあるスキマ時間のことだ。

多くの場合は休憩時間に充てられることが多いだが、トレーニングによってはほとんどインターバルをもうけないこともある。

インターバルを設定することによって、トレーニングでエネルギー源を失ってかつ老廃物が溜まった筋肉の環境を整えることができ、その後のトレーニングで導入できる筋線維が増える。

どれくらいのインターバルをとるのかはトレーニングの質と目的によって変わる。

例えば、ダンベルカールのようなアイソレーション種目を1RMの80%で10回3セットこなす場合、インターバルは30秒~1分が限度だろう。それ以上長くなると筋肉が回復しすぎてしまい、筋肥大の効果が思うように得られなくなる。

一方で、全身の筋肉を同時に使うデッドリフトのようなコンパウンド種目の場合、1分程度では回復が足りずフォーケがくずれる原因になったり、最悪の場合はケガをしたりする。

トレーニングの内容によってインターバルは個別に設定するべきだろう。







この記事がお役に立ったらシェアしてください