中間広筋はどこのインナーマッスル?大腿四頭筋との関係を解説

中間広筋

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







本日は、大腿四頭筋を構成する筋肉の一つである中間広筋について書いていきたいと思う

中間広筋とは?

さっそく、中間広筋がどんな筋肉なのか、どこにある筋肉でどんな役割をもっているのかなど、基本的なことをおさらいしていこう。

大腿四頭筋を構成する筋肉の1つ

太ももの前部にある筋肉といえば大腿四頭筋。階段を登ったり、スクワットするときにボコッとかたくなる筋肉だ。

実はこの大腿四頭筋って、4つの筋肉から構成される筋肉群を意味する用語なんだ。ハムストリングスと同じように、大腿四頭筋っていう名前の筋肉があるわけではないんですね

そして、このページのテーマである「中間広筋」は大腿四頭筋を構成している筋肉の1つなのだ。

ちなみに中間広筋以外の筋肉は以下のとおりだ。

大腿四頭筋を構成する筋肉

  1. 大腿直筋 (だいたいちょっきん)
  2. 外側広筋 (がいそくこうきん)
  3. 内側広筋 (ないそくこうきん)
  4. 中間広筋 (ちゅうかんこうきん)

中間広筋には他3つの筋肉と違ってインナーマッスルで、大腿直筋の下にある。

中間広筋の位置

 

英語でintermediate vastus muscle

中間広筋は英語でintermediate vastus muscle

中間広筋は英語でintermediate vastus muscleて書き、”インターミディエイト・ヴァスタス・マッスル”と読みます。

intermediateには「中間」や「間に介在する」などの意味がある。そしてvastusは「広筋」なので、intermediate vastus muscleで中間広筋になるわけだ。

 

中間広筋の役割

中間広筋は、膝を曲げた状態から下腿を伸展させるに収縮する。







中間広筋

この記事がお役に立ったらシェアしてください