はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

ハイプーリー・ケーブルカールで上腕二頭筋の伸展から収縮まで負荷をかけ続けよう

ハイプーリー・ケーブルカール

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







ケープルを使って上腕二頭筋を鍛えるトレーニングであるハイプーリー・ケーブルカールをご紹介する。

ハイプーリー・ケーブルカールのやり方

必要なケーブルマシン

ハイプーリー・ケーブルカールは、”ケーブル”という単語が示す通りケーブルマシンを使う筋トレ種目だ。

なので、ご自宅でこのトレーニングを行うはちょっと難しいかなというのが正直なところ。フィットネスクラブにあるケーブルマシンを使ってやる必要がある。

G3-MS20 Adjustable Cable Crossover

MATRIX -Adjustable Cable Crossover-

このくらい幅の広いケーブルマシンが必要なので、もしかたしたら通われているスポーツジムでも実施できないかもしれない。

そういった場合は大変残念だが、バーベルカールダンベルカールプリチャーカールなどで上腕二頭筋を鍛えていただければ幸いと思う。

 

両手でそれぞれのグリップを握る

ハイプーリー・ケーブルカール

横に大きく広がったケーブルマシンの中央に仁王立ちとなり、左右についているグリップをそれぞれの手で握る。

手首は内側に、かつ上を向くようにグリップすることがポイントだ。

そして、二の腕が垂れ下がらないようにかまえる。水平か斜め上になる感じならOKだ。

 

グリップを顔に向けて引く

ハイプーリー・ケーブルカール

そのまま、グリップした両手を顔に向けて引きます。

この時、二の腕が動かないように注意しよう。動ければそれだけ反動がついてしまい、上腕二頭筋に全ての負荷がかからなくなってしまう。

腕を最後までひいたら、腕を伸ばして戻していく。ハイプーリー・ケーブルカールはこれで1回となる。

 

あとがき

いかがだっただろうか。

本日はケーブルを使って上腕二頭筋を鍛えるハイプーリー・ケーブルカールという筋トレのやり方をお伝えした。

横に広がったデザインのケーブルマシンがないと難しい点がマイナスだが、もしできるマシンがジムにあるならぜひ実践していただきます。

 







ハイプーリー・ケーブルカール

この記事がお役に立ったらシェアしてください