グラスフェッドプロテインのメリットとおすすめ商品をご紹介!

グラスフェッドプロテイン

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







(2018年4月19日に更新)

こんにちは!
平日は一般企業でサラリーマンとして働きながら、土日にパーソナルトレーニングを教えている、よしおだ。

 

グラスフェッドプロテインという言葉を聞いたことはあるか?

昨年、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』という本がブームになり、その中で紹介されていたグラスフェッドバターというのが人気になりました。

まさに爆売れってくらい売れまくって、テレビや雑誌でもたくさん紹介されていたので、”グラスフェッド“という単語を耳にしたことがあるという方は、いらっしゃるかもしれない。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

グラスフェッドプロテインとは?

グラスフェッドプロテインとは、牧草で育てられた牛だけから抽出した乳清で作ったホエイプロテインのことだ。

乳清とは、牛の乳から乳脂肪分やカゼインなどを取り除いた水溶液のことだ。

グラスフェッド = 牧草飼育

グラスフェッドは英語でgrass-fedと書き、「牧草飼育(牧草を餌に育てられた)」という意味だ。

  • grass-fed cattle = 牧草で育てられた牛
  • grass-fed beef = 牧草で育てられた牛の肉

牛のエサにも種類があるようで、穀物を食べて育った牛のお肉と、牧草を食べて育った牛のお肉では、味が違ってくるのだ。

例えばオーストラリアで育てられた牛のお肉をオージー・ビーフといいるね。

オーストラリアで育てられた牛のお肉は赤身が多く、じゃっかん硬さが強いという特徴がある。
なので、柔らかさが求められる焼肉やしゃぶしゃぶで食べるより、ミンチにしてカレーやシチューといった煮込み料理にしてしまうのが向いているだ。

グラスフェット(牧草飼育)の対義語はグレインフェッド(穀物飼育)だ。

特長①:アミノ酸スコアが高い

アミノ酸スコアとは、「食べ物に含まれている必須アミノ酸(9種類)が、どのくらい満たされているかで計算される点数」で、100に近ければ近いほど良いとされている。

体内で生成できないアミノ酸を必須アミノ酸といい、以下とおり9種類ある。

  1. バリン
  2. ロイシン
  3. イソロイシン
  4. リシン
  5. メチオニン
  6. フェニルアラニン
  7. トレオニン
  8. トリプトファン
  9. ヒスチジン

 

特長②:価格が高くなりやすい

ストレスが少なく栄養価の高い牧草で育てられたグラスフェッドビーフは、同じように栄養価も高い特長がある。

しかし、グレインフェッド(穀物飼育)の牛の1/3程度しか生産されていないため、希少性が高く値段も高価になる。

おすすめグラスフェッドプロテイン!

ここからは、個人的におすすめなグラスフェッドプロテインをいくつかご紹介していく。

本日ご紹介するプロテインは、全てiHerb(アイハーブ )というサイトで購入できる。
4月30日まで割引が適用されるので、ぜひお試しくれ。

【4/30まで10%オフ】iHerb(アイハーブ )が春セールを開催中!

2018.04.18

iHerb(アイハーブ)のメリット7つと使い方(新規登録・日本語問い合わせサポート)

2018.03.24

グラスフェッドホエイ・ブースター(Naturade)

Naturade, ニュージーランド グラスフェッド ホエイプロテイン ブースター

まずは、Naturade(ナチュレイド)社が製造・販売している『グラスフェッドホエイ・ブースター』だ。

このプロテインの原料となっている乳清(ホエイタンパク)は、農薬のないニュージーランドの牧草地で、一年中牧草を食べて育てられた牛から抽出している。

この牧草地で飼育されている牛には、遺伝子を組み換えていないエサのみを与えていて、そのほかの化学物質や抗生物質などにもさらされていない。

自然いっぱいで育てられた牛から抽出された乳清(ホエイタンパク)は、そうでない牛から取り出された成分よりも、免疫因子(免疫グロブリン、ラクトフェリンおよび血清アルブミン)を多く含んでいる。

また、プロテインには珍しく食物繊維が1食あたり6gも含まれているので、タンパク質をたくさん摂取して胃腸が弱っている方にオススメだ。

含まれていない物質

  • ホルモン
  • 農薬
  • 抗生物質
  • 化学物質
  • グルテン
  • 大豆
  • 穀物

グラスフェッドホエイ・ドリンクミックス(マッスルファーム)

MusclePharm Natural, 牧草飼育牛ホエイ, 天然ホエイプロテインパウダー・ドリンクミックス

続いては、マッスルファーム社が製造・販売している『グラスフェッドホエイ・ドリンクミックス』だ。

プロのアスリート向けに開発されているので、ドーピング検査でも引っかからないよう禁止物質は含まれていない。

また、トレーニング効率や運動パフォーマンスを高めるため、BCAAやグルタミンといったアミノ酸も含まれている。

含まれていない物質

  • ホルモン
  • 抗生物質
  • 人工成分
  • グルテン
  • 大豆

 

グラスフェッドプロテインのまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

本日の内容はいかがだっただろうか。

朝食がわりにグラスフェッドバターを溶かしたコーヒーを飲みはじめた方は多いかもしれない。

もし筋力トレーニングもしているのであれば、タンパク質も合わせて摂取できるグラスフェッドプロテインを試してみることをおすすめする。







グラスフェッドプロテイン

この記事がお役に立ったらシェアしてください