はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

エルゴジェニックエイドは身体にプラスの効果がある栄養素

【エルゴジェニックエイド】とは何かをわかりやすく解説します!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







(この記事は、2018年3月1日に最新情報へ更新した!)

「エルゴジェニックエイドって何?」
「サプリメントと何が違うの?」
「どんな栄養素がエルゴジェニックエイドなの?」

この記事は、エルゴジェニックエイドという言葉を聞いたことがない方や、聞いたことはあるけど、よく意味が分からないという方に向けて執筆している。

この記事を読めば、

  • エルゴジェニックエイドを説明できる。
  • どんな栄養素があるのか知っている。
  • 自分に最適なサプリメントを選べる。

ようになるだろう。

エルゴジェニックエイドとは?

まずは、エルゴジェニックエイドとは何を意味しているのか理解しよう。

そもそも、「エルゴジェニックエイド」という言葉を聞いたことはあるか。

英語では”Enrgogenic Aids”、「身体能力を向上させるために摂取される栄養素」を意味する言葉だ。

サプリメントは不足分を補うもの

私のブログでもたくさんのサプリメントをレビューしてご紹介しているが、エルゴジェニックエイドとサプリメントは異なる。

一般的に、現代人が食事だけで摂取できる栄養には限界がある。人によってバラバラだが、1日に必要な栄養を100%とすると、食事だけから摂れるのは60〜70%ほどだろう。

この30〜40%の不足分を補うための栄養素が、サプリメントだ。

例えば、身体に必要なビタミン類を食べものだけから摂取できないとき、栄養補給として飲まれるのが、マルチビタミン系のサプリメントだ。

エルゴジェニックエイドは向上させる栄養素

しかし、サプリメントはあくまで不足分を補うだけだ。

100%以上を摂取しても尿となって排出されてしまうし、栄養素によっては過剰摂取で身体に有害となることもある。

しかし、エルゴジェニックエイドは身体の働きを向上させる栄養素たちを意味する。

パフォーマンスを100%以上にまで引き上げてくれるので、スポーツやトレーニングの世界でライバル達と熾烈な争いをしているアスリートに重宝されているのだ。

次の章では、エルゴジェニックエイドにどんな栄養素があるのか見ていこう。

例えばどんなものがあるのか?

エルゴジェニックエイドの用語を定義しただけではピンとこないと思うので、どんな物質がエルゴジェニックエイドと言われているのか説明する。

様々な物質をエルゴジェニックエイドと呼ぶことができるが、大きく分類すると次の2種類に分けられる。

  1. ホルモン
  2. サプリメント(栄養補助食品)

 

ホルモン

ボディビルダーの方や日頃からトレーニングを生業としている方にとっては当たり前かもしれないが、私のような一般人からすると、「ホルモン」と聞いて連想するのは焼肉くらいなものです…笑

エルゴジェニックエイドとして幅広く用いられているホルモンは、男性ホルモンであるテストステロンです

血液中のテストステロン濃度が高くなるとたんぱく質を筋肉に合成する作用が促進されるので、主にボディビルディングをしている方に好まれている。

そして、このテストステロンを人工的に合成したものをアナボリックステロイドと言う。

アナボリックステロイドには以下の副作用もある。

  • 血圧の上昇
  • 乳房の女性か
  • ED(勃起不全)
  • にきび、脱毛
  • 肝機能障害
  • 躁鬱病

これらはあくまで一部だ。

 

テストステロン以外でエルゴジェニックエイドとして使われるホルモンには、成長ホルモンやインスリンなどがある。

 

サプリメント(栄養補助食品)

サプリメントは栄養補助食品とも呼ばれており、私たち一般人にとっても馴染み深い言葉だ。もっとも有名なサプリメントは、ビタミンやミネラルそしてアミノ酸あたりですかね。

必須アミノ酸(EAA)

アミノ酸の中でも、体内で生成できないアミノ酸を必須アミノ酸といいる。

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン
  • トリプトファン

 

必須アミノ酸を摂ることによって、健康な人でも筋肉の合成が促進されることがわかりました。トレーニング30分前とトレーニング後に必須アミノ酸を摂取すると、たんぱく質から筋肉を合成する作用が大きく高まるのだ。

 

クレアチン

筋肥大を目的とした高負荷なトレーニングを行うと筋肉中のクレアチンリン酸が減っていくのだが、筋肉からクレアチンリン酸が失われて行くと、高負荷なトレーニングで疲れるようになるのだ。

また、クレアチンを摂取することでトレーニング後の疲労回復を高まるので、サラリーマンやOLさんのように働きながらトレーニングをしている方には必須のエルゴジェニックエイドと言えるだろう。

筋肉におけるクレアチンの最大量は決まっていて、クレアチンのサプリメントをたくさんとっても、その限界値まで筋肉中にクレアチンが行き渡ってしまえば、それ以上は増えることはないのだ。







【エルゴジェニックエイド】とは何かをわかりやすく解説します!

この記事がお役に立ったらシェアしてください