PubMedとは?|医学・生物学の研究を探せるNCBIの論文検索サイト

NCBIのロゴ

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







本日は、私が英語の論文を探すときに利用しているNCBIをご紹介する。

NCBI(国立生物工学情報センター)の概要

NCBIのトップページ

NCBIのトップページ

NCBIの正式名称はNational Center for Biotechnology Informationで、日本語では国立生物工学情報センターと呼ばれている。

1988年11月に国立医学図書館の1部門として設立

The establishment of the National Center for Biotechnology Information (NCBI) in November of 1988 occurred primarily through the convergence of three independent but related actions.

  • 1984-86—Advocacy groups convened meetings on Capitol Hill to educate legislators and their staffs on the value of supporting genomic research.
  • 1986—NLM’s Long Range Plan was completed; it contained a recommendation that a new NLM Division be created to manage and process molecular biology information.
  • 1987—The House Select Committee on Aging, Chaired by Senator Claude Pepper, introduced a Bill to establish the NCBI.

Source:A Brief History of NCBI’s Formation and Growth

NCBIのKent Smith氏によれば、NCBIは1988年11月に設立されたとのこと。

具体的には、国家として遺伝子研究を進めるべきという議論が行われたことをきっかけに、国立医学図書館(NLM)の一部門として分子生物学を研究する機関を作ることが決まり、1988年にNCBIが設立された模様だ。

English Note

  • Corresponding author:責任著者
  • molecular biology:分子生物学

 

研究用ソフトウェアの開発やデータベースを構築管理している

NCBI(国立生物工学情報センター)の役割は、研究に必要なソフトウェアの開発やデータベースの構築・管理だ。

DNAやRNAなどの塩基配列をデータベースとして蓄積しているGenBankも、このNCBIが構築・管理している。GenBankはヨーロッパと日本の塩基配列データベースと連携して世界で利用される公共データベースとなっている。

 

PubMedがおすすめ

NCBIは多種多様な情報サービスを提供しているが、特におすすめなのが『PubMed』という学術論文検索サービスだ。

論文検索ができるPubMed

論文検索ができるPubMed

『PubMed』では医学・生物学における学術論文を検索可能だ。

全ての学術論文にはPMID(PubMed Unique Identifier)という識別番号が振られているので、論文名がわからなくても番号で探すこともできる。

『PubMed』はあくまで世界中の学術論文を検索できるようにまとめているサービスだ。なので、論文によっては全文が読めないことも少なくない。

しかし、無料公開されている要旨くらいなら読めたりするので、サマリーを知りたい方にとってはあまり問題にならないと思う。

PudMedの使い方

PudMedの使い方

 

さいごに

今回はテーマはあまり読者の方に人気がないかと思う。

しかし、まとめサイトなどの低品質記事が検索エンジンで上位表示されている現実があるので、きちんとした根拠にもとづく情報源にあたることは大切だろう。

何も英語でなくても、日本語で書かれた研究論文はたくさんある。GoogleやYahooなどの検索エンジンでリサーチすればいくらでもでてきますので、お時間をつくって読んでみてくれ。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。







NCBIのロゴ

この記事がお役に立ったらシェアしてください