はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは、 パーソナルトレーナーが運営している総合フィットネスブログです。
自身のボディビルディングや、クライアント様への指導で得た知識に基づき、分かりやすく情報発信しています。

ディッピングベルト ~Dipping belt~|懸垂やディップスの負荷が足りなくなった中級者向け筋トレグッズ

ディッピングベルト ~Dipping belt~|懸垂やディップスの負荷が足りなくなった中級者向け筋トレグッズ!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。

ディッピングベルトはプレートをつけることができるベルトで、自重の負荷が足りなくなった方が使うトレーニングサポートグッズの1つだ。

主に、懸垂(チンニング)ディップスで使われます。

ここでは、ディッピングベルトの使い方や重量設定、おすすめベルトまでをまとめてご紹介する。

ディッピングベルトとは?

まずはディッピングベルトの概要からご説明していく。

自重で足りなくなったときに

懸垂(チンニング)は広背筋、ディップスは大胸筋上腕三頭筋を鍛える筋トレメニューだ。

どちらも自重負荷だけで対象筋肉に強い負荷を与えられる種目なので、トレーニング中級者から上級者に好まれている。

だが、ある程度まで回数を重ねていけば筋肉が鍛えられるので、自重だけでは効果が感じられなくなってくるだろう。しかし、両手を使って行うトレーニングなので、ダンベルやバーベルを持つこともできない。

そんな時に使うのがディッピングベルトだ。プレートをつけたディッピングベルトを腰にまくだけで、自重+プレート重量を追加したトレーニングが可能となる。

よしお
自重、つまり自分の体重だけで行うトレーニングでも、ディッピングベルトがあれば重量を増やせるようになる。

 

チェーンがついたベルト

ディッピングベルトは普通のベルトにチェーンがついているグッズだ。

MRX Weight Lifting Dipping Belt

MRX Weight Lifting Dipping Belt

よしお
チェーンがなんとも禍々しい雰囲気を醸し出しているね。

このチェーンにプレートをくくりつけてトレーニングする。

https://harbingerfitness.com

https://harbingerfitness.com

このようにプレートが重量を増やしてくれるので、自重だけでは筋肥大や筋力向上が難しくなってきた方におすすめだ。

 

耐荷重を確認しよう

ディッピングベルトは自分の体重+重量をかけられるので、ハマっていくとどんどん重量を増やしたくなってしまう。

だが、ディッピングベルトにはそれぞれ耐荷重が決められていて、耐荷重を超えるプレートをつければ壊れてしまう。

必ず、「どれだけの重さに耐えられるディッピングベルトなのか」を確認してからつけてくれ。

 

ディッピングベルトの使い方 ~How to use Dipping belt~

それでは、ディッピングベルトの使い方をみてみよう

まずは前述した耐荷重を確認して、ベルトのチェーンをプレート中央部の穴から通する。

プレートを通したら、ベルトの腰当てを自分の腰につける。ただ、普通のベルトと違って腰にギュっと巻きつけるようなスタイルではなく、腰にちょっとひっかける程度のものだ。

なので、自分の腰回りにベルトがフィットしているか注意して装着しよう。

ディッピングベルトの使い方
よしお
個人的には、腰に当てるだけというのはずり落ちそうで落ち着かないな。できれば巻きつけるタイプのディッピングベルトがいいなと思う。

 

ディッピングベルトを使う目的と効果

ディッピングベルトはあまりメジャーではないマイナーな筋トレグッズではあるが、わざわざこれを購入して使っている方はどんな目的をもっているのだろうか。

ディッピングベルトの効果も含めてまとめていく。

自重トレーニングの負荷アップ

自重トレーニングのほとんどは複数関節を同時に使うコンパウンド種目だ。

そのため、いろんな筋肉を一気に鍛えられるので効率が良いというメリットがある。

だが、自重トレーニングのデメリットとして、「負荷をコントロールできない」という点が挙げられる。

このデメリットを解決するのがディッピングベルトだ。自分の体重だけでは物足りなくなった方でも 、プレートを追加して重量を増やすことができる。

 

懸垂やディップスでも使える

懸垂およびディップスは、どちらも狙った筋肉にほぼ全体重が負荷としてかかるトレーニングメニューだ。

高強度のレジスタンストレーニングなので、筋肥大だけでなく筋力アップにも効果が見込めますが、両腕で身体を持ち上げるという動作特性上、バーベルやダンベルを持つことができない。

重量を増やすことが難しいのがネックなのだが、ディッピングベルトのおかげで重さを追加できるようになり、さらなる飛躍が見込めるようになりました。

 

おすすめディッピングベルト

最後に、ディッピングベルトを検討されている方のためにおすすめセレクトをご紹介する。

アイロテック POWER ARMOR

IROTEC(アイロテック) POWER ARMOR ディッピングベルト

初心者から中級者までにおすすめなのが、iROTEC(アイロテック)のディッピングベルトだ。

 

耐荷重の関する記載がないのだが、おそらく30kg前後が耐荷重として設定されていると推測される。ただ、50kgまでなら実際に耐えられている方もいらっしゃるようなので、品質は問題ないだろう。

ボディビルダーの方やとにかく高重量でトレーニングしたいという方にとっては、耐久性が不安材料になるかとと思うので、「初心者から中級者まで」とさせていただきました。

内側に滑り止めコーティングがされているので、重量を上げても落ちてしまう可能性が少なく安心できるディッピングベルトだ。

  • 定価:¥10,290
  • 相場:¥5,000前後
よしお
価格は少し高いだが、ディッピングベルトは何個も買うようなグッズではないので、品質の良い商品を1つだけ購入するのがおすすめだ。

 

ENERGY FITNESS ディッピングベルト

ENERGY FITNESS ディッピングベルト

初心者トレーニーにおすすめなのが、エナジーフィットネスのディッピングベルトだ。

iROTECのベルトと比べるとややチープな印象だが、耐荷重25kgと十分な強度をもっている。

何より価格相場が落ちてきているので、定価の30%ほどの値段で購入できるので、初めて購入するビギナーにおすすめな理由だ。







ディッピングベルト ~Dipping belt~|懸垂やディップスの負荷が足りなくなった中級者向け筋トレグッズ!

この記事がお役に立ったらシェアしてください