ケーブルカールは上腕二頭筋の最大収縮まで一定負荷がかかる筋トレ

ケーブルカール

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







本日は、上腕二頭筋が最大収縮するまで一定の負荷を与え続けることができるケーブルカールをご紹介する。

ケーブルカールのやり方

一般的なケーブルマシンできる

このサイトでご紹介しているハイプーリー・ケーブルカールと違って、ケーブルカールは一般的なケーブルマシンさえあれば実践できる。

ケーブルマシン

Life Fitness

さすがにスポーツクラブ以外でケーブルマシンを見つけることは難しいだろうが、公共機関が運営する公営ジムでもおいてあったりするので、かなり敷居が低いケーブルトレーニングと言えるだろう。

 

手首を返して両手でグリップ

ケーブルマシンのグリップは着脱式だ。自分が行いたい筋トレ種目に合わせて変えてからやる。

ケーブルカールで必要なグリップは、両手で握ることができる長い棒のカタチをしたものを選べばいいだろう。

こんな感じのグリップ

こんな感じのグリップ

グリップを握るときは、手首は上向きで握る。

手首が上向きになるように握る

手首が上向きになるように

 

グリップを胸まで引き上げる

グリップを握った後は、そのまま両手を胸まで引き上げる。

グリップが胸にきちんと当たるところまで引き上げることが、上腕二頭筋が最大収縮するまで負荷を与え続けるコツだ。

ケーブルカールはグリップを胸まで引き上げる

胸まで引き上げる

なぜ最大収縮まで負荷をかけるのかと言うと、POFで二の腕を鍛えるでもお話しているように、収縮時に血液が集まってきてパンプアップするからだ。

 

あとがき

いかがだっただろうか。

本日はケーブルトレーニングの基本種目であるケーブルカールをご紹介した。POFでいうコントラクト種目にも該当する筋トレだから、上腕二頭筋を鍛える最後の種目として選んでくださると効果が増するよ。

 







ケーブルカール

この記事がお役に立ったらシェアしてください