肩の筋トレ

バーベル・シュラッグ・ビハインドバックで僧帽筋下部を鍛えよう!

バーベルシュラッグ・ビハインドバック

本日はバーベル×僧帽筋がテーマ。

高重量を使って僧帽筋下部を鍛えられる筋トレ種目である「バーベルシュラッグ・ビハインドバック」のやり方・効果・コツやポイントをご紹介していきます。

身体の前でバーベルをかまえるバーベル・ショルダーシュラッグとは違って、バーベルを身体の後ろで構えることにより、強制的に肩甲骨がよせられた状態になることが特徴です。

バーベルシュラッグ・ビハインドバックのやり方

バーベルをお尻に構える

バーベルをお尻に構えるバーベルをお尻に構える

「お尻に構える」という訳のわからない日本語になってゴメンナサイ。

バーベルシュラッグのようにバーベルを身体前面に構えるのではなく、身体の後方にバーベルを持ちます。

バーベルをお尻に当てるように構えるので、「お尻に構える」という下手クソな表現になってしまいました。。。

 

肩をすくめる

バーベルシュラッグ・ビハインドバック

あとの要領はバーベルシュラッグダンベルシュラッグと同じ。

腕を曲げることなく、肩にある僧帽筋をギュッと収縮させるようにバーベルを引き上げます。

グッと引き上げたら、そのままストンと肩を落として1回です。

ABOUT ME
岩本 良男(いわもと よしお)
ボディメイクトレーナー。慶應義塾大学商学部卒業。 2016年に独立し、東京23区を中心に出張パーソナルトレーニングを行っております。 ブログは最高23万PV(Monthly)。 現在はジム開業に向けて準備中です。
error: Warning You are not allowed to copy this page!!