はじめての方へ
BodyMaking.JP』へようこそ。
このサイトは パーソナルトレーナーによって運営されている総合フィットネスブログだ。
実際のクライアント様に対する指導経験で得た知識に基づき、初心者から上級者まで対応できる情報発信を行なっている。

バーベル・シュラッグ・ビハインドバックで僧帽筋下部を鍛えよう!

バーベルシュラッグ・ビハインドバック

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。フリーで活動するパーソナルトレーナー。渋谷や新宿、六本木を拠点に活動しています(東京23区は対応可能)。







本日はバーベル×僧帽筋がテーマ。

高重量を使って僧帽筋下部を鍛えられる筋トレ種目である「バーベルシュラッグ・ビハインドバック」のやり方・効果・コツやポイントをご紹介していく。

身体の前でバーベルをかまえるバーベル・ショルダーシュラッグとは違って、バーベルを身体の後ろで構えることによって、強制的に肩甲骨がよせられた状態になることが特徴だ。

バーベルシュラッグ・ビハインドバックのやり方

バーベルをお尻に構える

バーベルをお尻に構える

バーベルをお尻に構える

「お尻に構える」という訳のわからない日本語になってゴメンナサイ。

バーベルシュラッグのようにバーベルを身体前面に構えるのではなく、身体の後方にバーベルを持つ。

よしお
バーベルをお尻に当てるように構えるので、「お尻に構える」という下手クソな表現になってしまいました。。。

 

肩をすくめる

バーベルシュラッグ・ビハインドバック

あとの要領はバーベルシュラッグダンベルシュラッグと同じ。

腕を曲げることなく、肩にある僧帽筋をギュッと収縮させるようにバーベルを引き上げる。

グッと引き上げたら、そのままストンと肩を落として1回だ。







バーベルシュラッグ・ビハインドバック

この記事がお役に立ったらシェアしてください